Life is learning / twitter以上、Blog未満。

生きることは学ぶこと。日々感じた気付きや想い、仕事のことからプライベートのことまで、140文字以上で投稿します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【エッセイ】命をいただくということ。



【注意】この記事には動物の解体写真が掲載されています。グロテスクな写真でもありますので閲覧にご注意ください。

先日、富山県南砺市の利賀村に久々に訪れました。

秋の利賀村はおそらく初めて。いつも春か夏、そしてそば祭りの冬に行くことがほとんどでした。

秋の利賀村は素朴な紅葉が印象的。まだら模様の山々が自然の雄大さを教えてくれました。

そして、滋賀県からいらした松井さんに子鹿の解体を見学させていただきました。ジビエ料理用の食肉解体です。

グロテスクですが、写真でお伝えします。



皮を剥ぎながら、食べられる部分を解体していきます。つぶす、という表現を使いますがまさにその通り、命の解体作業を目の当たりにしました。包丁は油で一頭解体すると研がなくては切れなくなるそうです。



子鹿の脳みそは珍しいため、買い取られるシェフも多いそうです。しかし価格が高いため、フランス料理店でしか商売にならないとのこと。



一頭の子鹿から取れる食肉部はこの程度。ジビエ料理が高価な理由でもあります。



普段何気無く口にしている食肉。しかし、そこには命があり、肉を口に入れることはこの工程を経たものであることを忘れてはならないと、強く感じました。

食べることは、生きること。
命を頂き、つなぎ続けること。

食べ物について思いを馳せる時、みなさんはどんな思いになりますか?

それではまた。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/17(日) 21:16:11|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kz_nomura

Author:kz_nomura
<活動テーマ>地域再興支援/ビジネスモデルづくり/人材開発支援の3点を活動の主軸においています。
<活動領域>非営利法人の組織運営全般/ビジネスモデルを含む持続可能な地域活性/地域再興支援の領域で日々実践を重んじながら研鑽を積んでいます。■休日は銭湯でのんびり*このアカウントでの発言は私が所属している団体と関係のない個人的な発言です。

助けあいジャパン

助けあいジャパンは復興と防災に特化した公益社団法人です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
告知 (5)
読書 (5)
映画 (2)
アート (7)
イベント (6)
セミナー (1)
読書会 (4)
twitter (0)
散策 (3)
音楽 (0)
コラム (9)
エッセイ (30)
ProjectMESH (2)
食 (5)
クリエイティブの可能性 (27)
助けあいジャパン (1)
教訓 (2)
温泉道場 (1)

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。