Life is learning / twitter以上、Blog未満。

生きることは学ぶこと。日々感じた気付きや想い、仕事のことからプライベートのことまで、140文字以上で投稿します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【読書会】久しぶりの読書会で感じたこと。

110804_blog.jpg




久しぶりに自分が主催していない読書会に参加してきました。平日の19:00~から乃木坂駅すぐの某IT企業の会議室でひっそりと参加者4名が持ち寄った本が紹介されました。




参加者は製薬業界の方、編集者の方、IT企業の役員の方、そして私。
皆さんが持ち寄ってくださった書籍の濃さにまずにんまり。
(写真がその書籍の一部です)


テーマは「2011年上半期に読んだオススメ本」


でした。印象的だったのはほぼすべての本がテーマ内の時期に発売された
書籍ではないこと。このことが何を意味しているのか、想像が付きますよね。。。出版不況、やはりその原因はコンテンツ不足。売れている本が一概にオススメしたくなる本ということではないし、また、大量に書籍を市場に出していくことも、出版業界としては必要なこと。

量と質のバランス。また、流通経路の確保や価格など、出版業界のマーケティングに関わる問題について、考えさせられることがあった読書会でもありました。

■日本社会だけの改善を考えていても埒が明かない。

皆さんと議論を交わしていくうちに、私が考えていることで、こりゃ軌道修正が必要だな、と思ったのは、

「自分自身が属している日本社会や身近なコミュニティの
変化を促す、まずはそこからはじめよう」


と考えていた行動指針でした。もちろん身近な社会やコミュニティをよりよい形にしていくことも大切ですが、そもそも日本社会にい続けている人たちはこの社会の形がなんだかんだと、居心地がよいからそこにい続けているんだろうな、と。私のように村化するような社会を何とかしていかなければ、日本社会は自滅してしまう!といったある種の危機感も、視野が世界・地球全体に向いているからこそ感じることなんだろうな、と。

なので、身近な方々に少しずつ理解を促していくことももちろん続けていくのですが、
今月からはもう一つ、踏み込んでみようかと。

それは自分自身が日本社会という枠からはみ出すこと。

そのことを視野にいれながら、今年一年を過ごしていこうと強く感じた読書会でした。
このテーマはもう少し続けていきます。

それでは、また。






スポンサーサイト
  1. 2011/08/04(木) 09:49:34|
  2. 読書会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【雑記】ブログ再開について | ホーム | 【読書】まだ読みきっていないけど期待度大☆『ソーシャルメディア進化論』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenjinomura.blog103.fc2.com/tb.php/151-756a8a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kz_nomura

Author:kz_nomura
<活動テーマ>地域再興支援/ビジネスモデルづくり/人材開発支援の3点を活動の主軸においています。
<活動領域>非営利法人の組織運営全般/ビジネスモデルを含む持続可能な地域活性/地域再興支援の領域で日々実践を重んじながら研鑽を積んでいます。■休日は銭湯でのんびり*このアカウントでの発言は私が所属している団体と関係のない個人的な発言です。

助けあいジャパン

助けあいジャパンは復興と防災に特化した公益社団法人です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
告知 (5)
読書 (5)
映画 (2)
アート (7)
イベント (6)
セミナー (1)
読書会 (4)
twitter (0)
散策 (3)
音楽 (0)
コラム (9)
エッセイ (30)
ProjectMESH (2)
食 (5)
クリエイティブの可能性 (27)
助けあいジャパン (1)
教訓 (2)
温泉道場 (1)

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。