Life is learning / twitter以上、Blog未満。

生きることは学ぶこと。日々感じた気付きや想い、仕事のことからプライベートのことまで、140文字以上で投稿します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【告知】クリエイティブの可能性 第三弾 リーダー 野田祐機という男について(前編)

■野田祐機さんと一緒にとった最新写真。ブログを書いていて気付いたのは、あまりにも近くに居すぎるので、野田さんと二人で撮影した(真面目な)写真が手元にない!と言う事実。*酔っぱらっていたり、プライベートな写真はあるんですけど。。(汗)そして、皆さんにお見せできるような写真はいつも野田さんと私と、誰かが一緒になって写っている。。。野田祐機という男と私との関係を象徴しているかのようです。

120727_blog.jpg

【速報】
7月20日で参加者の応募を締め切りました。学生33名、社会人9名の合計42名で確定を予定しています。

【寄付金進捗状況・7月27日現在】
現在数十名の個人・法人より寄付金を頂戴しております。総額は下記の通りです。
1,040,000円

この寄付金により、現在学生参加者の負担金額(最終参加人数確定時点で正式金額37,000円に変動=総額1,221,000円)は5,500円未満が確定しております。
学生負担金額ゼロを目指して、第4弾に際する寄付金募集を7月31日着金分まで継続いたします。

【お知らせ/200万円未達成につき募集期間延長します】
本エントリーにも記載いたしましたが、私がリーダーを務めさせていただくに際して課した、自己課題は
200万円の獲得による第5弾リーダーへの金銭負担軽減です。私の力不足により、その課題を約40日では
達成できませんでした。そこで、本プロジェクト発起人の石川淳哉さんにご相談させていただき、
(最適な表現は熱意を伝えてご了承いただき)寄付金募集活動をアメリカ同時多発テロが起こった“911”の前日、2012年9月10日まで延長させていただくことになりました。

ということで、寄付金募集、まだまだ継続いたします。
*一口5,000円が結構ハードル高いんですけど。。というお声も頂いております。その点についても、
後日ご報告できるように調整中です。


■クリエイティブの可能性 第4弾 Facebookイベントページはこちらから■

https://www.facebook.com/events/353743894698646/

【このプロジェクトの寄付金を募集しています】

三菱東京UFJ銀行・新宿通支店・普通 0033463
名義:ノムラケンジ

=======================================================

本エントリーでは野田さんとの出会い、そしてバトンを受けとった経緯などに
ついてまとめようと思います。

はじめに野田さんと、どのように出会ったのか?
それは東京・丸ノ内の早朝営業しているカフェで
“朝タブ(朝、タブレットデバイスを持ち寄って、なにやらおもろいことを企んでいる輩が集う会)“
というイベントを主催していた友人、山本大介さん経由で
野田さんと出会うことになりました。山本大介さん(通称くま、なので以下くまとします)
は実はソーシャルシフトの名付け親でもあります。
くまのお陰でたくさんのわくわくする方々とお会いすることができました。
改めて感謝します。ありがとう、くま。

■しばらくお休みしてた朝タブが再会されたときに集ったときの一枚(ソーシャルシフトイベント登壇者ばかりw)


野田さんは当時、プロジェクトメッシュという活動をなさっていました。

当時、アメリカで発売されたばかりの『THE MESH』という
書籍を読み、感銘をうけ、著者であるリサ・ギャンスキーさんに
直接Eメール経由でコンタクトをとり、彼女から日本国内で
『THE MESH』に描かれるようなシェア経済の普及啓発を目的とした
プロジェクトチームをつくりたい、なので公認してほしいという依頼を
してプロジェクトリーダーとして活動していました。

その一環として藤村さんと一緒に野田さんも朝タブに
いらっしゃいました。

もう、遠い過去のようなお話しでw記憶も定かではないのですが、
おそらく2010年の11月~12月ごろだったと記憶しています。

まだ、震災は起きておらず、日本は不穏な空気に包まれながらも
まだまだ旧態依然とした閉塞感が今よりも
強かったように振り返っています。

2008年秋に起こったリーマンショックによって
経済全体が打撃を受けて、東京の街も閉塞感やあきらめ、
新しい時代を求めながらもその姿をつかみきれない
まさに漠然とした不安を受け入れている方々と
そのことに対して目をそむけている方々の両方が
混在していた時代、それが2010年の東京だったように
感じます。

そんなときに私は野田さんと出会いました。

当時の私はソーシャルメディア、特にtwitterを
通じて業界や組織、既存の枠組みを超えて個人がコラボレーション
しはじめた、また今までにない縦横無尽、Linkedin創業者の
リード・ホフマン氏が表現するようなジャングルジムのようなキャリア形成や
ヒューマンネットワークが今の東京のメディア環境であれば
可能なのではないか、多くの人々が貨幣経済だけに頼る東京の生活、
ライフスタイルがごく一部の人の話ではなく大きく変わるのではないか、
という予感はありました。

この変化の波は間違いない、と直感的に感じていましたが具体的な移行期間、
いつそれが実現し始めるか、やどんな人たちが変化し始めて、どこまで普及するのか、東京都に居住する
約1,300万人、東京や横浜、千葉や埼玉を含めた首都圏数千万人の人々が
どの程度変化し、何が起こるのかはイメージすら沸きませんでした。

しかし、この『THE MESH』で描かれるようなシェア経済、
もっといえばシェアマインドが可視化され、ビジネスの中で
動き始めたら、と想像したときに今自分自身が体感している

“ソーシャルメディアによって繋がる個人と個人が
 有機的に組み合った柔軟なネットワーク型リアルコミュニケーションの世界”


そんな姿が政治、経済、各地域コミュニティや法人組織の在り方と都市生活者の働き方が
大きく変わる、特に首都圏で生活をしている人々のライフスタイルが大きく変わるイメージが
従来よりも具体的になったことを思い出しました。

■左側が英語版の『THE MESH』 右側は邦訳の『メッシュ すべてのビジネスは<シェア>になる』


そして野田さんのプロジェクトメッシュのお話しを伺い、
私は強く共感して、このプロジェクトに参加することになりました。

その後数回のワークショップに参加させていただき、シェアマインド普及・啓発のための
読書会、【つながる読書会】を立ち上げよう、と言うことになり、私が現在もオーナーを務めております。

つながる読書会FBページはこちらから

でも、まだ当初は実は野田さんの本気度を量りかねていました。理由はあまりにも話が大きかったからです。
野田さんは当初から



世の中を変えたい!




と仰っていました。しかし、その本気度がまだ分からなかったです。

=============================

話は脇道にそれますが、次回のエントリーは私が重視している
本気度の量り方について、そして野田祐機という男の魅力について
まとめたいと思います。

お楽しみに。

そして、しつこいようですが、しつこいようですが、
寄付金を募集しています。

■クリエイティブの可能性 第4弾 Facebookイベントページはこちらから■

https://www.facebook.com/events/353743894698646/

【このプロジェクトの寄付金を募集しています】

三菱東京UFJ銀行・新宿通支店・普通 0033463
名義:ノムラケンジ

=======================================================

■最後になりましたが寄付金支援者の方に頂いたお祝いの封筒。お祝い。。
 有難うございます。



クリエイティブの可能性・第4弾
リーダー 野村謙次
スポンサーサイト
  1. 2012/07/26(木) 06:56:35|
  2. クリエイティブの可能性
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【報告】クリエイティブの可能性、第四弾への寄付金支援総額の桁が変わりました。 | ホーム | 【告知】クリエイティブの可能性、第二弾リーダー 中島明という男について。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenjinomura.blog103.fc2.com/tb.php/181-ef721289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kz_nomura

Author:kz_nomura
<活動テーマ>地域再興支援/ビジネスモデルづくり/人材開発支援の3点を活動の主軸においています。
<活動領域>非営利法人の組織運営全般/ビジネスモデルを含む持続可能な地域活性/地域再興支援の領域で日々実践を重んじながら研鑽を積んでいます。■休日は銭湯でのんびり*このアカウントでの発言は私が所属している団体と関係のない個人的な発言です。

助けあいジャパン

助けあいジャパンは復興と防災に特化した公益社団法人です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
告知 (5)
読書 (5)
映画 (2)
アート (7)
イベント (6)
セミナー (1)
読書会 (4)
twitter (0)
散策 (3)
音楽 (0)
コラム (9)
エッセイ (30)
ProjectMESH (2)
食 (5)
クリエイティブの可能性 (27)
助けあいジャパン (1)
教訓 (2)
温泉道場 (1)

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。